情報公開

 ダウンロードする 役員名簿定款

 ダウンロードする 現況報告
 ダウンロードする 事業報告収支計算書活動計算書貸借対照表財産目録監査報告

 

令和元年、令和2年度 苦情解決について 

行事について意見、要望

運動会に家族親戚、地域住民などたくさんの人が参加していますが、知らない人がカメラを構えているのが少し怖いと思いました。近隣の人も見に来る、地域とのつながりも大切だと思いますが、個人情報等の保護、危険回避からせめて来ている人のチェックする等、何かあってもいいのではないかと気になりました。

会場への入場受付を設けることや、会場でのアナウンスでお知らせするなどを検討しましたが、次回は案内通知に注意喚起を記載して、安心して参加できるようにします。(令和2年1月17日 行事アンケートから)

コロナウイルス感染防止策として子どもの送迎を玄関で行い、保護者は園内に入らないようにお知らせがありましたが、登園時に出迎える職員がいなかった。

職員体制に課題があったと思います。今後、コロナウイルス感染症状況や保護者からのご意見を頂きながらスムーズな登降園が出来るようにしていきます。(令和2年6月10日)

苦情要望解決の流れ

1.苦情の受付
苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。
なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。

(1) 解決責任者 園長・稲葉 盛栄
(2) 担当者受付 主任・高橋 知子
(3) 第三者委員会
伊勢谷 英子  住所:大森町字大森126  電話:0182-26-3571
大沼 ワカ子 住所:大森町字大森259 電話:0182-26-3001

2.苦情受付の報告・確認
苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員
(苦情申出者が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出者に対して、報告を受けた旨を通知します。

3.苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出者と誠意を持って話し合い、解決に努めます。
その際、苦情申出者は第三者委員会の助言や立ち会いを求めることができます。
なお、第三者委員会の立ち会いによる話し合いは、次により行います。
ア、第三者委員の立ち会いによる苦情内容の確認
イ、第三者委員による解決案の調整、助言
ウ、話し合いの結果や改善事項の確認

4.都道府県「運営適正化委員会」の紹介
(介護保険事業者は、国保連、市町村も紹介)
本事業者で解決できない苦情は、社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。